ローコスト住宅を割り切って購入するも良し

夫婦二人暮らしだったり、「20年ぐらい住めればいい」と割り切って考えているのでしたら、ローコスト住宅も悪くはないと思うのですよね。ローコスト住宅と一口に言っても、その品質には差があると聞きます。しかし素人には見極めが難しいものです。

頑丈な住宅を建てたいのでしたら、そりゃあすべてを見ることができる注文住宅の方がいいというのはわかりますよ。資材から何から何まで施主がチェックすることだってできるでしょうから。しかし、注文住宅はいかんせんお値段がローではないわけじゃないですか。

注文住宅は設計料金もかかるわけですから。ですからその点を考えれば、ローコスト住宅が魅力的に写るわけですよ。だってお値段もローなわけですから。しかし建築の知識がない素人では、そのローコスト住宅が良いものなのかどうなのかはわかりません。

そしてだからこそ、もう割り切ってローコスト住宅を選択するのも有りだと思うのですよね。仮にあまり質が良くないローコスト住宅だって、新築から何年間はキレイなわけですしね。ですから「老後はマンションに住むし」と割り切ってローコスト住宅を購入するのもいいと私は思うのです。

ローコスト住宅を割り切って購入するも良し” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。