二世帯木造住宅作りの浴室プランニング

二世帯木造住宅作りの時に自分で調べて知識になったことのポイントとして浴室のことがあります。
二世帯住宅で圧倒的に多いのが、1階に親世帯、2階に子供世帯という上下に振り分けるスタイルです。こういった場合の2階の浴室は、防水性の完備したユニットバスが良いということになりました。ユニットバスといえば、マンションなどの集合住宅のそれをイメージされがちですが、最近の戸建てタイプは出窓などがついていて、仕上げのグレードも高くなっているのです。広さも4分の3坪タイプのものから1.5坪タイプのものまで4分の1刻みで4タイプほどのものが揃っています。全体のスペースのことも考慮すると、4分の3坪タイプか1坪タイプのものが適しているものと思えました。
2階浴室の場合、そのお風呂を沸かす給湯設備をどうするかということが問題になってきますが、できれば親の世帯とは別ルートの給湯配管にして、しかもメーターなども別体系にしておいた方が光熱費等のトラブルを避けられると判断しました。

内職 アルバイト英語上達の秘訣JALカードお家の見直ししま専科貯蓄生命保険の口コミ.COM初値予想工務店向け集客ノウハウお小遣いNET生命保険の選び方